ニキビだらけでもヒゲ脱毛はできる?

ニキビとヒゲの悩み

ヒゲ剃りで肌も傷む、ニキビがよけい酷くなるという悪循環を繰り返ことがあります。

 

ヒゲ脱毛してしまえば、ヒゲ剃りがなくなり、肌を傷めることが少なくなり肌も改善されるので、ニキビや肌荒れがある人ほどヒゲ脱毛はおすすめです。

 

しかし、そもそもニキビがあるところには、照射は良くないので、なるべくそこをされて脱毛する必要があります。

 

脱毛サロンなどはリスクを特に恐れるので、ニキビや吹き出物など肌トラブルがあるところは避けて照射します。

 

だから顔中にニキビがあったらヒゲ脱毛を断られることもあるでしょう。

 

ただし、にきびがあることで、脱毛が必ずしもできないとは限りません。

 

ニキビにも種類があり、その種類によっては脱毛が可能なケースがあります。

 

基本的に、ニキビの初期段階である白ニキビの場合には、脱毛サロンやクリニックでの施術が可能な場合が多い傾向があり、シールなどで隠した状態で施術を行うなどの対策がとられます。

 

赤ニキビなど炎症を起こしている状態の場合には、肌トラブルのリスクがでてくるため、施術ができない場合も多いので、ある程度炎症が治まるまで待つことも大切です。

 

また、ニキビ跡の場合でも状態により施術が可能なケースもありますが、色素沈着などがひどい場合などは、脱毛機によっては肌にダメージとなる可能性もでてくるため施術しないケースもあります。

 

脱毛においては、ニキビの状態次第によって施術か可能かどうかサロン、クリニックなどの判断になるため気になる場合には確認をとるといいでしょう。

 

この場合治療を先にやってから脱毛に入った方がいいので、効率よくするのであればやはりクリニックにヒゲ脱毛の相談に行った方がいいでしょう。

 

良くなったらすぐにヒゲ脱毛を開始できるわけですからね。

 

自分でできる対策

ニキビは生活習慣や食生活の乱れやストレス、紫外線による影響などさまざまな原因が挙げられますが、普段から肌の状態をよりよく保つためにも、生活状況を振り返り改善をしてみることや精神面のケアなども怠らず、紫外線対策もしていくことが大切です。

 

脱毛によりきれいな肌を維持すること、ニキビなど肌トラブルを回避するためにも日ごろからの生活においても、肌にとっていい影響を与えるような生活を心がけていくことが大切です。

 

脱毛後のメリット

脱毛をすることにより、毛穴が締まることになり毛がない状態は汚れ、皮脂などが毛穴に溜まりにくくなるため、ニキビができにくくなる点は、メリットといえるでしょう。

 

肌をきれいにすることで肌の炎症などの肌トラブルを軽減することにつながるため、脱毛はいろいろとメリットが多いのも事実です。

 

それ以外にも脱毛後において、肌のターンオーバーが促進されるケースもあるため、ニキビやニキビ跡がある場合でもターンオーバーの促進でニキビ跡が改善されることもあります。

page top