飲酒とヒゲ脱毛の関係

脱毛前に飲酒してしまう機会もある

脱毛するときには専用に機械を使うので、それに合わせた状態にしておくことが望ましいです。

 

そのため、多少の気遣いと状態を調節するなどの制限が出てきます。

 

その1つとして言われているのが、脱毛前日にお酒を飲んではいけないという話があります。

 

アルコールを飲んでしまうと、なぜ脱毛に影響するのでしょうか。

 

本当にヒゲ脱毛できないものなんでしょうか?

 

だって、仕事帰りのいっぱいをやめられない男性も多いでしょう。

 

会社帰りに誘われて、「明日ヒゲ脱毛なんで」と断るのも何ですよね。

 

また晩酌しないと眠りにつけないから、睡眠不足ななってしまうとか・・・

 

ヒゲ脱毛の前日に急に接待で、飲まなきゃ行けなくなったとか・・・

 

わかっていても、飲酒をしてしまうことはあるでしょう。

 

だからといって、予約も取るのも大変な脱毛をキャンセルするはしたくないですよね。

 

キャンセル料金が発生するところもあるわけですし。

 

だから、前日の飲酒なんて、別にヒゲ脱毛に影響ないんじゃないかと思いたくなり伸すよね。

 

飲酒を避けなければならない理由とは

脱毛器はどのタイプもある程度は肌に刺激に与えてしまっていますので、それを抑えるために冷却作業や保湿したりしてカバーしています。

 

もちろん、性能もかなり良くなってきて刺激もかなり抑えられていますが、それでも肌にとってはいつもはないことをしていますので、体質や体調によっては過剰な反応が起こっても不思議ではありません。

 

肌が敏感になっていると、その反応はさらに出てしまう可能性が大きくなります。

 

肌が敏感になる状態を避ける意味で、脱毛前日に飲酒を控えるようにアナウンスしているクリニックも多いのです。

 

飲酒をするとアルコール分が全身の血中に周り、血行が良くなりすぎます

 

血行が良くなることは健康面では悪いことではないのですが、肌に刺激を与える前段階としては炎症を起こしやすくするので好ましくありません。

 

血行が良くなった肌はいわば火照っていたり、軽い炎症になっています。

 

ここに脱毛器を使ってしまうと本当の炎症になってしまうので、低刺激できれいな仕上げに悪影響になってしまうのです。

 

そうならない方の方が多いのですが、リスクはすべて排除しておきたいですし、脱毛にベストコンディションの状態の肌で施術したほうがきれいにできますので、前日はお酒は避けた方が無難です。

 

アルコールに強いことと、血行が良くなりすぎて脱毛に不向きな肌になることは違います。

 

ですから、お酒に強い方も大丈夫と思わないで、前日はやめておきましょう。

 

ただ、前日丸ごとダメということではなく、施術の半日くらい前までにはやめるくらいで、アルコールは体から抜けますし、血行や肌の状態も落ち着きます。

 

つまり自分のためにも、最低でも12時間はおいて脱毛したいですね。

page top