家庭用脱毛器で永久脱毛はやっぱり無理なの?

家庭用脱毛器で永久脱毛ができたらとても便利なのですが、現実的には難しいと言わざるをえません。

 

というのも家庭用の脱毛器は毛根に照射する光線の力が弱いため、発毛するムダ毛を抜いていくことはできても、発毛サイクルを遅らせたりムダ毛の全体量を減らす(生えてこなくさせる)ほどの能力がないためです。

 

一般的に美容業界で使われている永久脱毛という言葉は、永遠に二度と毛が生えてこないという意味ではありません。

 

エステなどで脱毛の施術を受けた後、一定期間ムダ毛の量が減少し、ほとんど生えてこなくなる状態を指しています。

 

医療レーザーを使った脱毛の場合、毛根だけでなく毛母細胞も破壊するため、数年にわたってムダ毛が生えてこなくなります。

 

人によっては十数年経っても肌がツルツルでムダ毛が全然生えなかったりします。

 

エステ等の光脱毛は医療レーザー脱毛より威力が弱いものの、脱毛処理と多少の抑毛効果があり、こちらもやはり数年ほど効果が持続しムダ毛をかなり減らすことが可能です。

 

では家庭用脱毛器はどうかというと、これは本来エステ等で使用されている光脱毛機器のシステムを家庭用に小型化したものです。

 

さらに素人でも使用できる器具と言うことで安全性に配慮し、照射される光線の出力は低くなっています

 

そのため太く強い毛根には効果が薄い傾向にあり、また毛母細胞を破壊することもできないため脱毛後にも次の毛が普通に生えてきます

 

これらのことから家庭用脱毛器では永久脱毛は不可能だと考えた方がよいでしょう。

 

もともとムダ毛の量が少ない方や、毛が細くて弱いタイプならば充分ですが、逆に多毛の方や剛毛の方には満足のいく効果が得られない可能性があります。

 

また発毛のサイクルも遅らせることもほとんどできないので、ムダ毛が生えてくるたびに脱毛器でケアする必要が出てきます。

 

除毛クリームやカミソリでの処理よりは肌が荒れにくいという点では少しましですが、専門機関の機器ほどの抑毛効果はありません。

 

また家庭用脱毛機でも、光脱毛機とレーザー脱毛機があります。

 

レーザーの方が強い方という実はそういうわけでもありません。

 

レーザーは一定方向にしか進まない光で有り、光脱毛の光は、すべとの方向に進む光という性質の違いだけです。

 

どちらにしても、家庭用で販売できる程度の出利欲しか出ないようになっているので、母細胞を破壊できるようなものではありません

 

もしそんなものが販売されているとしたら、即販売停止措置が執られるでしょう。

 

今の脱毛機でさえ、使い方を誤って低温やけどをしてしまう人がいるぐらいですからね。

 

脱毛というのは、健康な細胞をあえて破壊するものですから、基本的には個人が自分でするようなものではないのです。

 

特に剛毛である男性のヒゲなど、家庭用脱毛機で何年続けたとしても、また生えてきてしまうので、高価な脱毛機を購入しても、のちのちで後悔するだけになるでしょう。