脱毛前の自己処理の長さはどれぐらいにしたらいいいのか、スタッフからはシェービングをしてくるよう言われるものの初めての時には迷います。

 

基本的には皮膚の表面には見えていないくらい、しっかりとシェービングをすることです。

 

自分では気を付けて剃ったつもりでも、エステやクリニックに脱毛へ行った際に、スタッフに剃り残しを指摘されることがあります。

 

これは自分では確認しにくいパーツであれば仕方のないことですが、自分の目で確認ができるゾーンだった場合、処理の仕方を見直すことも必要です。

 

ムダ毛を剃る場所は電気の薄暗い場所ではなく、はっきりと体も毛も見える明るい場所で剃ることで、剃り残しの防止対策になります。

 

使うカミソリについても気を付けたいのは、使い捨てカミソリは安価で入手もしやすくてお手軽ですが、使い捨てであることを忘れてはいけません。

 

数回使えばシェーバーの刃はもろくなったり、かけてしまうことがあるので、古くなった刃ではしっかりとしたシェービングはできないです。

 

定期的に取り換える必要がありますし、新しくおろしてもお手入れをしないと錆びることもあります。

 

錆びたりかけたりした刃を使うと、ムダ毛も順調にカットすることが出来ないばかりか、無駄に皮膚の表面に傷をつけてしまうので要注意です。

 

皮膚に目立つような傷や出血が生じないとしても、小さな細かい傷ができてしまうと、脱毛の際にトラブルになりやすいので問題があります。

 

脱毛に通う期間はある程度は続くものの、やがて自分の満足が行くレベルにいつかはなるので、必ず終わりがくる行為です。

 

そのためゴールがくるまでの間は、使い捨てカミソリではなく、安全性の高い顔用の電気シェーバーを利用するのもアイデアだと言えます。

 

基本的に安全設計ですし、顔だけではなく全身に使用ができて、しっかりとシェービングができますので、脱毛前の自己処理には大活躍です。

 

1本持っていれば脱毛前の自己処理も、無理なくスムーズにできます。

 

男性であれば、ヒゲ用のシェーバーを持っていると思いますので、それで全身の処理に使えます。

 

ただし、ヒゲ脱毛ぐらいだと思いますが、美容電気脱毛は3mm以上は生えていないと、脱毛処置が困難になります。

 

おそらく予め注意があると思いますが、いつもの調子で、剃ってしまったなんてことにならないように注意してください。

 

初めてのカウンセリング前は剃らない

初めて医療機関でカウンセリングを売れる場合などは特に注意してください。

 

はえている範囲や、量によって、脱毛機を選択したりしますし、

 

照射する範囲にょっては料金が変わる場合もあるからです。

 

特にヒゲなど、どの辺までどの程度の濃さで生えているのかなど確認する必要があるので、

 

診察を受ける前に処理してしまわないようにしましょう。