ハーフパンツが似合うすね毛にするためには

すね毛脱毛に興味がある男性が増えてきています。

 

おしゃれとしてのハーフパンツやショート丈のパンツが流行しているということもあり、あまり毛深いのは恥ずかしいと感じる方が多くなってきているようです。

 

そんな方々の間で話題を集めているのが『すね毛脱毛』ですが、ある懸念があり躊躇している方も多いと聞きます。

 

それは、『ツルツルにはしたくない』という意見です。

 

その懸念に対する答えは簡単で、脱毛の施術を過度に繰り返さなければ適度に密度を下げつつすね毛をすっきりとさせることが可能です。

 

と言うのも体に存在する全ての毛には『毛周期』というものがあり、今表面に生えている毛が全てではないのです。

 

そして脱毛の施術によって影響を受け、生えてこない毛根に変化するのは『今表面に生えている毛』のみになります。

 

体毛は平均的に5分の1?6分の1ほどしか表面に生えていないものですから、一回の施術で影響を受けるのも全体のうち一部分だけなのです。

 

5回・6回と施術を重ねていくとツルツルの脱毛肌になりますが、そこまで繰り返さない限り『抜けすぎて困る』という事態にはならないというのが現実です。

 

つまり少しだけすね毛を薄くしたい場合、2?3回の施術で留めておけばいいのです。

 

そうすることですね毛は4?5割減る計算になりますので、自分の理想とする具合の時に施術をやめれば良いのです。

 

ただここで注意したいのは、脱毛の施術から毛が抜け始めるまでの期間です。

 

平均的に、脱毛の施術からその処置された毛が抜け始めるまでには一週間から10日ほどかかります。

 

その間に『あまり抜けなかったなぁ…』と感じて施術を重ねてしまったりすると、思っていた以上に脱毛してしまう場合があるので注意が必要です。

 

このように、ちょっとした工夫で理想の濃さのすね毛を手に入れることは可能です。

 

慌てずに様子を見ることが大切なので、ゆっくりと少しずつ手を加えていくのが得策だと言えます。

 

すね毛脱毛を失敗しないためには

回数も重要ですが、出力調整もとても重要です。

 

とくにレーザー脱毛では、1回でも生え来なくなってしまうほど脱毛できる場合があります。

 

そまりその周期のときの毛はずっと生えなくなってしまうので、3回ぐらいでつるつるに近くなってしまう場合もあります。

 

どの程度脱毛したいのかをよくカウンセリングの時説明しておかないといけません。

 

中には、出力調整が下手で、つるつるにされてしまったという人もいます。

 

メンズ脱毛の実績がないところでの脱毛はやめた方がいいでしょう。

 

男性と女性の毛の質は異なるのでメンズ脱毛にはメンス脱毛の経験と実績がないと的確な脱毛ができません。